EE WEB SHOP
facebook
myspace

twitter

 

 
     
 
     
 
For european booking please contact:
Klaus Koschel / VIBRA-AGENCY
klaus@vibra-agency.de
Phone: +49(0) 521 98 24 514
 
     
  Total info and booking please contact:
CORNUCOPIA REC.
info (at) cornucopiarecords.com
 
     
 
  Latest Releases  
   
  RESONANCE OF SHADOWS
CD

Cornucopia Records
order (JPN - Overseas)

 
     
  Highflyer Vinyl  
 

HIGHFLYER
12inch Vinyl

Headspin Records
order (JPN)
order (EU -
black - color)
order (US )

 
     
   
 

HIGHFLYER
CDEP

Cornucopia Records
order (JPN, EU)

 
     
   
 

ASCENDING CIRCULATION
Split 10' Vinyl / CD w/SardoniS

Hydro-Phonic Records
Hammerheart Records
order ( 10' Vinyl ) ( CD - JPN / EU )

 
     
   
 

SEARCHING LOW & HIGH
2LP
US issue

Hydro-Phonic Records
order ( US )

 
     
   
 

WITHIN THE TRIAD
EU issue

Headspin Records

Order
LP : color ( EU / US )
LP : black ( EU / US)
CD (EU / US )

 
     
 
   
  Past News  
     
  2015年8月1日

7月はライヴをせずに、ひたすらスタジオにて新曲やらアレンジやらに没頭。
新曲作りは難産です...。果たして一体幾つものアイデアが泡となり消えて行ったのか...。
一方既存曲のアレンジは進み、少しずつ形を変えて成熟している。

そこで様々な事柄から機は熟したと判断し、プリプロダクション行程に入ったのでありました。これが数日前。
現段階の成果を見るため、更なるアレンジを磨くため、そして次なる新曲のアイデアをまとめるために録音を敢行。
この文章を書きつつ心はそこにあって、明日には歌入れを予定。そうして俯瞰して自分たちを見る。

その先には本番の録音開始があり、9月末と日程も定めた。後は進むだけです。

そんな中、来週には私達にとって大切な毎年のイベント「MOTO-FEST !」があります。

[MOTO-FEST!]
-PEACE & RESISTANCE 2015-

8月9日(日)名古屋 HUCK FINN

w/THE SAD MILE, CROCODILE BAMBIE, SOCIAL PORKS, DESMILE
発条仕掛, ESPECIAL, EVL, NOISE CONCRETE x 3CHI5

DJ:Mr.F /HIRAO
15:00 / 15:30   ¥2000 /¥2000(DRINK別)

今年も熱量高くも優しく温かな空間になることでしょう。
いつも特別な雰囲気に包まれるモトフェスです。
----------------------------


さすがにと言うか、やっとこさと言うか、この国の大きな問題点を変えてゆく機運が高まっている気配。
同時に既存の勢力の仕掛けと言うか、悪あがきのようなものが蠢いている気もしますね。

大きく報道されるもの殆ど全てにウラがあり、何らかの目的によってそれらは喧伝されるわけですが、冷静に本質を見極めていきたいものです。大事件になると暗躍するアクター達。話題にしている反面、振り回される我々。そのウラで整備されて行く悪法。

デマと認定される本質。真実とされるデマ。過剰情報の中、取捨選択が問われる。
しかし、自然との共生から物事を捉えれば、驚くように本質が感じられてくる。迷いも減る。

つまり、迷いや悩みや病みこそが、既存の大資本の反映に繋がる。
その資本の中で巧みに儲ける者が勝ち組だなどと言われ、また自認して優越感を得ている。

結果、単なる奴隷に陥っている事に気付けない。カネにこだわる者はカネに振り回される。
もういいかげんその無限ループ幻想から目を覚まさないと。

そう確信して居を変え、結果新たな生活感を得て、本来の財産というものを感じつつあります。
それは、決してカネではない。カネで引き換えられるものでもない。

大切な時間と、本物の生命力。
どちらも大都会では手にし辛くなっているものでした。

まあ、価値観は人それぞれ。なのでこれが真理だとも思いませんが、一例としてはアリでしょう。
抽象的な書き方でしたが、誤解を怖れず言えば、大気汚染など様々な事象の変化には、己の変化でもって対応する。
怖れに対して単に目を逸らして誤摩化さず、自らの環境の変化をも恐れない。

それを本能的に持っており、ただそこに在り、変化を恐れず適応する存在、それが動物。
そんな動物的な部分を知的生命体・人間は長年かかって失ってしまったような気がする。

長年、都会のモヤシっ子やってきたからこそ、そう思ったのでありました。
日本の古武術の世界などに色濃く反映されてきた、気や念や勘などの非科学的とされるもの、そういったものを取り戻す。
ライヴはいつも、そういった事へのヒントになっています。

音楽に感謝。

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
  2015年6月23日

AUMAとの国内ツアー、無事に終了しました。
各地に来場してくれた皆に感謝です。

AUMAメンバーはツアー後それぞれ国内にてオフを過ごし、USへと帰っていきました。
これからの彼らを宜しくです。音源を元にUSでの活躍が始まることでしょう。
そしてまたいずれ、日本へと凱旋となる事を祈ります。

さて、エターナルは今月まだ2本ライヴがあります。

まずは、これ。

6.25(木)名古屋 HUCK FINN
" Pallbearer Japan Tour 2015 "

w/Pallbearer (US), Nepenthes
www.daymarerecordings.com


DOOMな一夜。平日とは言え濃厚な夜になることでしょう。
このPALLBEARER、初来日ですが既にUS, EUでは多くの実績を残してきています。
本国では大手雑誌での露出もあり、大きな知名度を獲得しているDOOM METALバンド。DOOM系若手で表メディアでの評価が高いというのは珍しい事かもしれません。時代は変化している。期待してます。
ツアーに帯同するのはNEPENTHES。

この日、エターナルはトップ19:00に登場します。
------------------

そして日曜は岐阜に遠征です。

6.28(日)中津川 BREATH
" Grindf Freaks in Nakatsugawa "

w/Demolition, Unholy Grave, Black Ganion, 4 Face, Rumoroso, Babylon Sixx666


中津川でGRIND FREAKS初開催です。強力なメンツです。
DEMOLITIONのレコ発を兼ねています。

我々の出番はトリ前の5番目。よろしくどうぞ。
------------------


この後はまたスタジオに籠り、新曲作成に勤しみます。次作の景色が見えてきました。
今年中に録音開始の予定。予定は未定だけど。しかし、来年には出します。そう決めて動いています。
その新譜は、今私達が表現している事を素直に形にするつもりです。歌がより重要な位置を占めるものとなるでしょう。

結局、探しているのはいつも最高のグルーヴです。歌って奏でて、聴いて感じて、心に身体に響くものを録ることが理想。今作はそこに妥協せず進めていたら、前作からかなりの時間が経過してしまいました。所謂、楽曲のフォームなど骨組みを作成する事は難しい事ではないけれど、それを磨いてゆく段階でしっくり来ず、お蔵入りにした曲やアイデアが果たして一体何曲あっただろう...。

歌にしろ演奏にしろ、音楽というものは否応無くその人間そのものが反映されるものであって、それは表現活動全般に言える事なのだから、そういった経緯をも含まれたアルバムになるのでしょう。これまで作ってきたもの全て結果的にそうだったのだから、とりたてて新作が大きく方向の変わったものになるとは思えないけれど、ここ数年で巻き起こった自分たちの内側の変化は意図するしないに関わらず音に投影されるだろうと思い、それを期待しています。その意味で言えば、こんなに録音が待ち遠しい事は今までで初めてかもしれない。やっとその境地に来れた。ちょっと大袈裟かな...。

いつも触れているように、あらゆる社会毒から身を守るべく努めてきた免疫力の向上と自分の音楽は深く結びついている。切っ掛けが虚無感さえ感じる外的要因であったとしても、それらが必然だったとすれば、自分たちのフィルターを通して浄化して還してゆく事が、こういった活動をやらせてもらっている事への感謝の意になると思いたい。少なくとも、オレに関して言えばそういうことだ。

唐突ですが、この世のポイズンから身を守ることが重要だと心から思います。
危険なのはアレですが、ソレだけでもないのだからソレら全てに一つ一つ抗っても何も解決しない。だから出来る事は、自分のカラダをケアすること。積極的なデトックスですな。発酵食品を摂って微生物を味方につけて免疫力を向上させること。汗をかくことも忘れちゃいけないよね。だからライヴも毎回全力です。音楽活動によって生かされてることを、本当に実感してます。

感謝!

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM
 
     
     
  2015年6月4日

AUMAメンバー全員無事に来日果たし、ツアーに向けて準備中です。
もう一度日程など。

--- ETERNAL ELYSIUM & AUMA (US) Japan Tour '15 ---

   

6月5日(金 )岐阜・柳ヶ瀬 Ants
w/Junky Waltz, Babylon Sixx666
18:30/19:00
2,000/2,500 (+1d 500)

6月6日(土 )名古屋・今池 Huck Finn
w/Greenmachine, Crocodile Bambie, Vomit Monster
17:30/18:00
2,500/3,000 (+1d 500)

6月7日(日 )金沢・片町 Manier
w/Greenmachine, 桑名六道(a.k.a JHA JHA), Ningen OK
18:00/18:30
2,500/2,500 (+1d 500)

6月12日(金 )四日市 Vortex
w/Of the Spacistor
19:00/19:00
2,000

6月13日(土 )横浜 El Puente
w/Inside Charmer, Veritas Conc.75
18:00/18:30
2,000/2,000 (+1d 500)

6月14日(日 )東京・新大久保 Earthdom
w/Nepenthes, nibs
18:00/18:30
2,500/3,000 (+1d 500)


エターナルNew T-shirt出来ました。画伯オカザキ渾身の力作。


更にGAGAさんのデザインでトートバッグも作成。


是非会場でご覧あれ。
AUMAのT-shirtもいい感じです。

ツアーでのその他の注目インフォ。
名古屋のDoom Rock Band, nibs が東京公演に参加しますが、その際入場者全員にCD-Rを配布(1曲のみですが)。
これは、今年リリースされる彼らの1stアルバムからのテイク。アルバムには別ミックスが収録されるので、このヴァージョンはこの配布盤のみになります。来場される方は忘れずに手にしてくださいね。録音はSTUDIO ZENで、ワタクシの録音です。


地震に噴火、激しいことになってます。
抗うことなく、自然と調和していきましょう。
我々はそれを中和すべく、良い震動をツアーを通して創り出します。
おかしな事を言うようですが、地球そして宇宙はそういう次元にあると思います。今までの常識が変動して行く気がしてます。

ではみなさん、現場で会いましょう。

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
  2015年4月30日

告知です。予告通り、6月5日から国内ツアーします。
やっと発表まで漕ぎ着けました...。


--- ETERNAL ELYSIUM & AUMA (US) Japan Tour '15 ---

 

エターナル今年の国内ツアー第二弾は、USから我々EEの血縁とも言えるバンド、AUMAとのカップリングツアーです。

まずは、ツアーの日程を。

6月5日(金 )岐阜・柳ヶ瀬 Ants
w/Junky Waltz, Babylon Sixx666

6月6日(土 )名古屋・今池 Huck Finn
w/Greenmachine, Crocodile Bambie, Vomit Monster

6月7日(日 )金沢・片町 Manier
w/Greenmachine, 桑名六道(a.k.a JHA JHA), Ningen OK

6月12日(金 )四日市 Vortex
w/Of the Spacistor

6月13日(土 )横浜 El Puente
w/Inside Charmer, Veritas Conc.75

6月14日(日 )東京・新大久保 Earthdom
w/Nepenthes, nibs

AUMAのリーダーUMEは、タナがエターナルに加入する前にベーシストとしてEEのUSツアーや、いくつかの音源に参加していたメンバーです。彼はEE脱退後の数年の後、サンフランシスコ郊外に移住し、現地で暮らしています。その西海岸で結成したバンド、それがAUMAです。パートは彼本来のギター&ヴォーカルに戻り、RYO (gt.&vo. )、ADAM (b.)、EVE (ds.)との4ピースで活動しています。ちなみに、RYOもUME同様の名古屋出身の日本人。そして、リズム隊2人はアメリカ人で、EEと同じく日米混成バンド。

彼らはまだ結成からそれほど時間が経っていないこともあり知名度はまだ皆無に等しいかもしれませんが、USでのライヴの評価は実に上々です。サウンドは、Stoner Rockのヘヴィ・グルーヴにMetalのエッジが鋭く付加された言わば「Stoner Metal」と呼ぶのが相応しい音を出しています。そのクオリティはワタシが保証します。なぜならば、このツアーに合わせて発表される彼らの1stアルバム「From Shadows」のミックスダウンをワタシが担当する事になり、捻りの効いたリフと洗練されたリズムに裏打ちされた重厚さと鋭さで攻めるサウンドに、思わずニヤリとさせられたからです。

事前に気になる方は是非彼らのサイトをチェックしてみて下さい。
www.aumasf.com

UMEが参加したEEの音源は、2nd Album "SHARE" (2002)を筆頭に, "SPLIT w/Of The Spacistor, "V.A- I am Vengeance", "V.A- Not of this Earth"など。持っている方、良かったらチェックしてみて下さい。


ツアーでは、完全復活を遂げたGREENMACHiNEを始め、各地で強力な対バン勢も出演します。
中部エリアのDoom/Stoner勢も幾つか出演します。関東の方は nibs に注目。

Open時間やチケット料金等はFBや各ライヴハウス等でも告知しますので、それぞれご参照を。

ツアー後の日程も幾つか決まっています。
-------------------------------------------
6.25(木)名古屋 HUCK FINN
" Pallbearer Japan Tour 2015"
w/Pallbearer (US), Nepenthes
www.daymarerecordings.com
-------------------------------------------
6.28(日)中津川 BREATH
"Grindf Freaks in Nakatsugawa"
w/Demolition, Unholy Grave, Black Ganion, 4 Face, Rumoroso, Babylon Sixx666
-------------------------------------------



ところで、唐突ですが空気が汚れてきているように感じますな。

まあ疑っているならハッキリ書けって話かもしれないが社会支配層というのは物騒なものでね。
とにかくありとあらゆる方法でもって庶民をコントロールするという方向性なわけだから、縛られたくない生き方を目指す人々には違和感が生まれる。人間元来そういうイキモノであったであろうから、動物や植物が今でもそういった本能の元に生きているように、原子、電子、ニュートロンだとかの最小単位から、大自然、地球と巨大なもの、更にその先は太陽系とか銀河系、大宇宙...と、そこにただ「ある」という摂理の元に動いている。

そこに唯一抗って逆らっているのが人間なのだ !...... という話いつか聞いた事時から徐々に少しずつ、しかし確実に自分の感覚が変わって来ている事に気付く。地球を汚しながら生きてる自分がそう思う矛盾にも、いつか、いやすぐに気付いてしまう。気付かぬふりをしていただけかもしれないかもしれないし。
かと言って大自然に戻って縄文人の如く暮らせるかと問われれば... 無理だろう。都会で生まれて暮らしてきたうちに、自然と調和するようなスキルを失ってしまったし、元から抜け落ちているような有様ですらある。

そんな自分ですら変化を求め、とりあえず辿り着いたのがこれを今書いている場所だ。
前は畑、横は田んぼ、裏は森という、字で書くと相当な奥地のようにも読めるが、スタジオまでは車で10分弱である。家は少し傾いちゃいるが、まだ充分住めるって風情の場所を期間限定かも...ながら借り受けたわけだ。ありがたや。

目の前の田んぼでは田植えです。まだ残る風景、もうこれ以上無くさなくてもいい風景。
虫も鳥もカエルも自然にここに溶け込んでいる。農だって様々な影響下にあるから農薬ぶちまけて生産している人もいる。
しかし、自然と共生している人も多い気がする。
つまり、ここは境界線の如く、都会エリアと自然エリアの狭間でもある。駅に近いエリアは完全な都会化が完了している。ここもすぐにそうなる可能性がある。そういう物件です。ブルースはやはりある。

空間は繋がっている。そこを支配し汚す行為は、確実に報いや災いとなって還ってくる。
人間は愚かだが、不躾で時に残忍な手口には加担出来ない。自然を操ろうなどと、達成したところで何の意味もない。

今回の文明も来る所まで来てしまったかのような気になるが。まぁなんて言うか、この状況を乗り切るには今のままじゃ何ともならないわけだから、自分が変化してくのも自然な事だと思ったわけだ。反応していると言ってもいい。
それは都会にいても可能なことだ。気付いた事から、やれる事からやればいい。後はやるか、やらないかだけだ。
ありとあらゆる毒が蔓延するなら、免疫力を高めて、代謝、排出すればいい。

そう思いつつここ数年。

サウンドも詞の内容も少しずつ変化し。それは自分たちに起こっている変化の如く。
ツアーでは新曲を演るつもりだけど、それは多分今の我々の心境マル移しになってるはずです。
矛盾を自覚しつつ、良い波動を奏で自らを癒す、と。それが皆に伝わるように気と念を込めて。

興味と時間があったらよろしくです。

長文失礼。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM 、。


 
     
     
 

2015年2月27日

新年早々のツアーの余韻もさすがに抜けきり、やっとウェブの更新に着手という有様です。
まあ、相変わらずのマイペースぶりということでご容赦を。

EARTHLESSとのツアーは大成功に終わりました。
関わって下さった全ての人に感謝です。彼らも大きな感動を得たようです。
ソールドアウトのショウでは入場を諦めて帰られた方がいた事も知りました。ごめんなさい。そこまでは読めませんでした。反省材料として次回に繋げていきます。そう、次回がいずれあるかもしれませんということです。それは皆さんの望み次第。キャンセルという事態から一年かけて実現した今回のツアーは、皆さんのそれを望む声がなければ叶っていなかったと思います。
改めて、感謝!

さて、その後今まで決して単に惰眠を貪っていた訳でもなく、我々は日々進まぬ新曲の創作に励んでいます。前のアルバム発表から一体どれだけ時間が経ったのやら...。その間にSPLITやMini-Albumなどもあったとは言え、そろそろ6枚目のアルバムを出すぞと本気になってきたわけです。よって、今年はライヴの本数を制限して創作に充てる時間を増やしています。...去年も同じ事を言っていましたが...。

全くSHOWをやらないわけではありません。というわけで、次回ライヴは下記。

--------------------------------------------------------
3月11日(水) 名古屋・今池 HUCK FINN
"GRIND FREAKS #68 "Benefit Gig"
w/UNHOLY GRAVE, TOMORROW, BAZOOKA (台湾), CROCODILE BAMBIE, 牙-KIBA

18:00 / 18:30
adv. / door 2000yen + drink charge

東北大震災のベネフィットです。この日の売上げはUNHOLY小松氏を通じて現地のライヴハウス等に寄付されます。
-------------------------------------------------------


そのUNHOLY GRAVEのドラマー・ひーちゃんが逝去したことは既にご存知のことと思います。
素晴らしい才能を持ったドラマーでした。去年の今頃はまだプレイしていたし、その半年前には我がSTUDIO ZENでレコーディングもしていた(別プロジェクトにて)。

人の死にいつも思うのは、それは遠い先にあるものだと思い込んでいる時もあるけど、常に横にあるもの。誰だっていつかは肉体の死からは逃れられない。偶発的なものを除き、健康を維持すれば一定の安心(忘却とも言える)を得られるが、それでも永遠などない。ただし、それは肉体の死であって、そこから先はなってみないとわからない。それがわからないから怖れ怯えることでもあると思う。

思考停止は楽なのかもしれない(時には必要かもしれない。しかし、そこに逃げ込んでいては先には進まない気がする。
医師と死体洗い従事者(納棺夫)との社会的地位の差を作り出すこの世とは何なのでしょうな。

彼の死は本当に残念だ。彼のプレイを体験した事がある人ならば皆そう思っているだろう。オレもそうだ。
そして、彼が遺していったものを考える。病に関しての常識を改めて検証する事。彼の無念を晴らすものの一つがそれだとも思う。

-------------------------------------------------------

ETERNAL ELYSIUM、4月5月はライヴ予定を入れていません。誘っていただいたオーガナイザー諸氏、すいません!
理由は前述。少し集中してアルバムへ向けての準備をしていきます。

6月には予定されているライヴが、7, 8本あります。6(金)に岐阜、7(土)名古屋、8(日)金沢、12(金)四日市、13(土)横浜、14(日)東京、28(土)中津川など...。また追って詳細を告知します。
-------------------------------------------------------

さて、春の気配が近づいてきましたが、油断すると体調が...ってのはさすがに何十年も生きてきたベテランなので食らわないように身体あっためて生きてます。原発事故から4年。人口は減っています。様々な要因によって。
オレには思想の右も左もありません。望むのは笑顔で暮らせる世の中。内紛起こしてる場合じゃいないよね。国家とかの小さな括りでもなく、地球規模で考えること沢山あるし。全てが無になった時、それを諸行無常と言って達観出来る自信などまだ持っていないので、何とかしようと思ってます。それは原点回帰への旅かもしれず。

気付きは次の気付きを喚ぶ。
与えられるだけで簡単に手に入る情報には気をつけて生きましょう。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
  2014年12月19日


EARTHLESS & ETERNAL ELYSIUM Japan Tour 2015 告知サイト
前売りチケット情報や詳細等


来年頭のEARTHLESSとのツアー詳細ページあります。ご参考に。
バイオ前売りチケット情報など。

EARTHLESSのツアー物販なども届き始めています。
彼らにはもっとオーガナイズの行き届いた招聘元が付くべきだと思いますが、
延期になった今年の初頭も含めて今回も私達とのカップリングという形になりました。
諸々行き届かぬ仕切りに自分も呆れていますが、このまま何事もなければ待望のツアーは始まります。

2002年のUSツアーSan Diego、そこで対バンしたアースレスは衝撃でした。
あれから12年余。やっと日本でステージをシェア出来る機会が訪れたわけです。
3ピースの一つの極致とも言えるバンドです。ジャンル関係なく誰にでも観てもらいたいと思ってます。

私達も次の次元に達するべく磨いていきます。
よろしくどーぞ!


さて、毎年恒例の参加となっているGrind Freaks出演も終わり、今年はあと1本でライヴ締め。
かつてから企画名はよく聞いていました。初参加、よろしくです!
改めて告知。

12月29日(月) 東京・両国 SUNRIZE
BLOODBATH, CAPTURED & TILL YOUR DEATH Records presents
{総武線バイオレンス2014}
w/ROSEROSE, BUTCHER ABC, CRUCIAL SECTION, FORTITUDE GxSxD
IMMORTAL SENSE, TERROR SQUAD, THE DONOR, エークソダス

14:30 / 15:00
2500 / 3000 (D別)

我々の出番はトリです。
重責だな。頑張ります〜

---------------

本格的に危ない雰囲気を感じる我が国の状況に、何とも言えぬ思いが頭を駆け巡り、
様々な真実が見えてきた事は。気分を塞がせるには充分なパワーを持っており、
辿り着くのはやはり自立の道。世間体を気にする事からの脱却。

バイアスが掛かった状態では、見ても見えていない。
そういう世界に見えるオモテ社会の常識への疑問から、様々な気付きを得る。今もなお得ている。

言論や行動の自由は徐々に、且つ確実に失われつつある。更に加速している。
それらが多岐にはわたらないと言い切れるだろうか。そう考える方が難しい。

反比例するように、生の人間同士の繋がりはどんどん広がっている。自分の場合はそうだ。
前よりも濃厚な内容の話をしている。
より深く語り、怒り、悲しみ、悩み、そして笑い、支え合っている。

一部の権力者如何に暴走しようとも、自然の摂理というものには抗えない。
破壊の後の創造か、叡智の限りを尽くした先の安泰か。後者でいきたいに決まっているが...。
どちらにせよ、お世話になっている我が地球さんと調和して生きて行くべきだと思いますな。

カウンターを自覚していたこちらが、どんどんマトモになってゆくような気がしますよ。

見てる景色の荒廃は、我らの行為の代償。
何も感じず、ただやり過ごすのか、自由を選ぶのか。

運命を変える意識だけは持つべきだろう。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
  過去のNEWS