UPCOMING SHOWS

Dec 11 @ HUCK FINN, Nagoya
Dec 25 @
二万電圧, Tokyo

 
     
 
     
 
     
 
EE WEB SHOP
facebook

twitter

 

 
     
 
     
 
     
  Total info and booking please contact:
CORNUCOPIA REC.
info (at) cornucopiarecords.com
 
     
 
     
 
  Latest Releases  
   
  RESONANCE OF SHADOWS
CD

Cornucopia Records
order (JPN - Overseas)

 
     
  Highflyer Vinyl  
 

HIGHFLYER
12inch Vinyl

Headspin Records
order (JPN)
order (EU -
black - color)
order (US )

 
     
   
 

HIGHFLYER
CDEP

Cornucopia Records
order (JPN, EU)

 
     
   
 

ASCENDING CIRCULATION
Split 10' Vinyl / CD w/SardoniS

Hydro-Phonic Records
Hammerheart Records
order ( 10' Vinyl ) ( CD - JPN / EU )

 
     
   
 

SEARCHING LOW & HIGH
2LP
US issue

Hydro-Phonic Records
order ( US )

 
     
   
 

WITHIN THE TRIAD
EU issue

Headspin Records

Order
LP : color ( EU / US )
LP : black ( EU / US)
CD (EU / US )

 
     
 
 
   
 

2016年12月2日

アンツでのレコ発岐阜篇、充実した夜になりました。
新譜リリースから約半年経って、新曲達の雰囲気もバンドの演奏と相まって印象が変わってきたかもしれません。手前味噌ながら、これらの収録曲の持つパワーを自ら感じる次第です。チューニングを僅かながら変えたことによる効果を感じています。それだけではないんですがね勿論。音楽の持つ力を実感している毎日です。

さて、次回は今週末の名古屋、そして年末には東京です。

1
211日()@ 名古屋・今池 HUCK FINN
[GRIND FREAKS #94 / 全身全霊GIG 2016]

w/CASTLE (US), GUEVNNA, 怒号, GxSxD, UNHOLY GRAVE
DEMOLITION, ACUTE, FATES, PUNHALADA, THE LONG HORN TRAIN
Pleasure and the pain [ex:Acrostix,ex:Naqro]

12:40 / 13:00
2500 / 3000 (D別)
----------------------------
EE恒例年末のGRIND FREAKS参加。西海岸からDoom Rock/Metalバンド・CASTLEが来ます。
いつもながら他の参加バンドも豪華な個性派揃いです。
エターナルはトリです。
------------------------------------------------------------------------------------


12月25日(日)@ 東京・高円寺 二万電圧
dhidalah presents [CYMBALINE]

w/dhidalah, THE DEAD PAN SPEAKERS, 股下89

18:00 / 18:30
1,500 / 2,000 (+1d 500)
----------------------------
2016年の〆は東京にて。
ダイダラ企画に参加です。東京サイケデリックの聖地(?)高円寺。
半年ぶりの首都GIG、楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------------



相変わらず陰陽を感じる日々で、前回ここに書いたことを噛み締めている。
季節の変わり目に風邪を「引くことが出来た」のだが、思わぬことに約1ヶ月もの間症状が抜けなかった。その間スタジオワークは多忙を極め、ソロライヴもあった(御大・石間秀機氏<Flower Travellin' Band>の前座 at 名古屋Tokuzo)。正直ぶっ倒れると思った。実際数日休んだが、忙殺の原因のスタジオ仕事は充実していて、多くの出会いや奇跡や感動を我がSTUDIO ZENにて味わう毎日が過ぎていったという、正に芸術の秋だったと言える。

その多くが先月末、そして今、仕上がってプレス行程に回っている。盤が出来てくるのが楽しみで仕方がない。

その内の一つがオーストラリアのDOOMバンドのミックスだ。決して知名度はまだないバンドだが、わざわざ名古屋の東外れのZENまで来て制作を共にするというのは僅かながらの毛恥ずかしさと緊張を生んだけれど、我々の考えていることや視点がとても似ていることに互いに感動した。まだマスタリングが残っているが、世界に無数のエンジニア/アーティストがいる中で、敢えてオレを選んでくれたことに感謝であって、わざわざ記しているのはそういうことがオレの近辺に起こっているというのを知ってほしかったからだ。

音楽は国境や言葉などのちょっとした障壁を、いとも簡単に飛び越える潜在能力が秘められている。

大国の指導者が変わったり世界の情勢は大きな変動期を迎えているが、それは自然との相似形とも言える。
あらゆる猛毒をまき散らされている近代社会では、その代償は健康や無為な怒り等に取って代わって私達を襲ってきているが、それをも凌駕するセンスが楽しく生きて行くコツの一つだな、と思う。

理想と現実の狭間にて思う。

ライヴが楽しみです。生きている時間を最も感じるのがそれなので。
生きるパワー差し上げます。そんな磁場がVENUEなのですな。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年10月7日

先月のDAY OF RAGE FES、前売りがソールドアウトになったほどのお祭り状態でしたね。
そんな中で敢えて昔の曲を外し、2016年のエターナル・イリジアムにこだわって演ってみました。オレ達は今を生きているバンドで、新譜の曲たちに含まれる音は、明確な意志を持って癒しとチカラを込めたものだからです。心地よい反応が返ってきて嬉しかったです。感謝!

先週末は久々の札幌。NO MORE PAINが続けて繋いできた企画106回。
エターナルの札幌遠征は毎回この企画Overkillに招聘してもらってます。 6年ぶりだったので「新譜縛り」は一旦解除して、1曲だけ少し前のマテリアルで新譜への方向性が明確になった切っ掛けの曲、 Circulation で〆て、気持ちよく演らせてもらってこれまた感謝。新たな良い出会いも多くあって沢山喋ったが、全然時間が足りなかったな...。翌日にはジンギスカン鍋をつつき、シリアスなこともバカなことも語って、夜には停泊していたNMPトシ邸でアコースティックジャムやったり。有意義で得ることの多かった札幌への旅でした。感謝その2でした!

さて、次のライヴ情報2発。
------------------------------------------------------------------------------------
10月22日(土)@ 名古屋・今池 HUCK FINN
[DIEDRO LOS DIABLOS × VOMIT MONSTER presents
BEHIND THE GREEN DOOR vol.6 ~Bloody saturday~]
-SECOND TO NONE 1st full album "Bab-Ilu" release show-

w/SECOND TO NONE / DIEDRO LOS DIABLOS / VOMIT MONSTER / DISGUST / MURDER WITHIN SIN
DJ: KOJA / USKD
18:00 / 18:30
2,000 / 2,500(D別 500)
----------------------------
SECOND TO NONEのレコ発です。
ヘヴィで分厚い音のカタマリが飛び交う日になりそうですな。
日頃の鬱憤を晴らすべく熱くいきましょう。
------------------------------------------------------------------------------------

11月23日(水・祝)@ 岐阜・柳ヶ瀬 ANTS
[THUNDERDOOM 2016]
〜ETERNAL ELYSIUM "RESONANCE OF SHADOWS" RELEASE TOUR〜
〜MONARCH x BIRUSHANAH JAPAN TOUR〜

w/MONARCH (France) / BIRUSHANAH / JUNKY WALTZ / DUB 4 REASON
17:30 / 18:00
2,500 / 3,000(D別 600)
----------------------------
フランスのDoom/Sludge/Ambientバンド、MONARCHと大阪のBIRUSHANAHのツアー岐阜篇。
また、エターナルの新譜リリースGIG岐阜篇でもあります。そんなわけで、この日は我々1時間コースで濃厚にやります。名古屋とは違う内容で演る予定です。
------------------------------------------------------------------------------------

決して巨大なウネリの様ではないけれど、各地でのライヴ後に以前とは違った反応や感想をもらってます。
その多くは新譜に込めたものへのポジティヴな呼応だと思えます。MCやこういった文章で伝えているからかもしれないけど、それであってもとても嬉しいこと。繰り返し聴いてくれている人もいる。それを直で伝えてくれている。それを聞いて、粘って完成に漕ぎ着けてよかったと心底実感する。

アナログの....(ってまだやっていたんだが)ボーナストラックは歌入り2曲、長いインスト1曲、短いインスト2曲とヴォリュームたっぷりのオマケになりました... いや、単なるオマケにするのが嫌で時間かけて磨いたんでした。結果、良いものになったと思えるのでこの地獄の時間超過は必然だったのだと思い込んでます。仕方が無いと。リリースは多分来年頭頃です。締切は相変わらず守れません。すいません。でも内容はご期待ください。カラー盤と黒盤と2種類でリリースされます。EU盤のみです。
---------

手伝っている農園では米の収穫が始まっていて、一年の移り変わりを意識している。だなんて書けば毎日携わっていそうだが、実際はそうではない。それでも田植えから収穫までの生命の育みを間近で感じる環境にいるから、米だけでなく雑草(人間の勝手な命名であって自然にとっては邪魔なものなどではない)や虫やあらゆる生命にとってのドラマを垣間見ている。それは、ただ与えられた生を全うする姿だ。そしてもう一つ意識せざるを得ないのが、その自然の摂理に唯一抗って生きているのがニンゲン様だということだ。

ニンゲンの背負ったブルースは重い。ヘヴィ・ブルースだ。
因果の法則とは報いなり、となればせめて自然に出来るだけ寄り添って生きてみたい、と書いている時点でニンゲンの思い上がりを更に感じるが... 可能性は残しておきたい。人間の叡智と欲望次第でこの文明の寿命が決まるわけで、今回も今までの文明と同じく崩壊に向かっていることは、自然界のバランスの崩れ方から必至の現実だと都会育ちのオレでも身に滲みてきている。

調和だ共生だと盛んに言っているのはそんな理由です。
人間が奏でる音楽や創り出した文化の原点はそうだったんじゃないかと。

それを達成出来るのも人間だと思いたいし、希望を持って生きていきたい。
答えはまだ見つからないけど、常に葛藤と共にそれはあるんだろう。
それがバランス=陰陽というものなんだろうな。

長文読破感謝。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年9月3日

移動中のオレの体調不良から始まった四国ツアー、終わってみれば素晴らしい体験でした。
関係者各位、特に初日の高松TOONICEでは心配かけて申し訳なかったです。ライヴ中は復活してましたが...後はおとなしくしてました...。高知で旨いものを補給して松山では完全復活し、約1時間半のライヴもあっという間の至極の時。あの光景は忘れないと思う、個人的に。

数年ぶりに行った四国のシーンは以前よりも充実していたように感じたけど、それは本当にそうなってきているんだろうし、そういう気概を持ってオーガナイズしてくれた ITHAQUA、そして四国DOOMの祖 ORDEMADA、更には顔役とも言える Spacegrinder カメイ君のお陰で実感出来たことだと深く思う。各地地元共演バンドの演奏からもそう感じた。

勝手に感動していてなんだかアレなんだが、DOOM/STONER系の3バンドで四国を廻ること自体が過去を思えば奇跡のような出来事なんだ。たかが小さな会場3カ所に残した足跡だけれど、初のことだったのだから。その手柄はエターナルのものではなく、四国で音楽と共に生きてきたバンド、演者達のものだ。各地サポートバンドと観客の皆へも併せて感謝の念と拍手を。ありがとう!

また行きますよー。


さて、次のライヴなんだが、9.10に予定されていた岐阜・八百津の山なんやでのイベントは主催者都合に付きキャンセル。残念だけど仕方ない。こんなこともありますよ。また来年かな。その際はジャムを交えた切り口の違うエターナルで演ってみたい。

なので次回はこちら。
[ DAY OF RAGE FESTIVAL ]
9月17日(土)
@ 名古屋・今池 HUCK FINN, 3STAR 同時開催
w/ OUTRAGE, CASBAH, ARGUMENT SOUL, CROCODILE BAMBIE, DEMOLITION, DIRTY THIRTY, EACH OF THE DAYS, JURASSIC JADE, LETHALASH, SHADY GLIMPSE, PUNHALADA, SxAxT, UNITED, Unveil Raze
DJ: METAL-G, IMA-CHAN [from: sickhead]

14:30 / 15:30
3,500 (D別)

OUTRAGE主催のフェスです。タイムテーブル等の詳細は近日発表とのこと。
ETERNAL ELYSIUM、なかなか良い時間帯をいただきました、とだけ言っておこう。
--------------------------------------------

[ OVER KILL vol.106 ]
10月1日(土) @ 札幌 DUCE
w/ NO MORE PAIN, anal bullet, 不動, Terminal Scum Execution, DEATHWORM
DJ:ラモーン鉄男, HAKA

17:00 / 17:30
2,500 / 3,000 (D別)

久々の札幌! 何年ぶりなんだろう。日本語歌詞導入後は初めてだと思う。
今のエターナルが北の地にどう響くのか、楽しみです。
NO MORE PAIN、いつもありがとう。
--------------------------------------------

CDリリース後のライヴ以外の時間にはスタジオワークに勤しんでいた数ヶ月でしたが、やっと本当の一段落が訪れそうです。
「Resonance of Shadows」のアナログ用のマスターの完成間近です。レコード仕様は2枚組になるため、ボーナストラックを数曲作っていました。いつものように難航しながらもやっと出口が見えた.... そんな案配。リリースはオランダ・HEADSPIN RECORDSから。多分来年の頭頃になるのでは、と。たかがボーナスされどボーナスということで作り込んでます。強力なハーモニーを盛り込んだヘヴィロック数曲がCD収録曲に加えて足されます。ターンテーブル所持者は是非チェックの程を。

このオランダのレーベルもそうなんだが、とにかく様々な展開の時間軸を「待たせて」しまっているが、ご容赦下さいとしか言えないのである。所謂、音楽性の部分では大きな変化になったわけではないけれど、歌詞、五感、質感、使用周波数など漢字で書くと小難しい言葉が並んでいるように見えるが、簡単に言えば「感覚」とか科学的に割り出せないような部分、それは音楽や音そのものが元来持つ「効能」のようなもののことだが、そういった漠然とした抽象的なものを取り入れるという試みをやりながらの制作なので、時間が掛かっている。だから国内では自主レーベルからのリリースにこだわったという側面もある(主要な理由は以前述べた通りだが)。

我々自身、周りにも昨年からのアルバム制作中に様々なドラマ、ブルースが巻き起こった。それも必然の試練なのかな...と思う。そういったものは後から気付くものなんだ。それでもまだ演奏者でいられること、なんて素晴らしいことか。それを当たり前だと不感のまま日常を過ごすことはもうない。だから自分たちが得た気付きや恩恵を音に乗せて還元しているような気持ちで演って、創作している。大袈裟だろうが何だろうがもう照れなど捨てて言っている。周波数云々なんかはついて来れない人もいるかもしれないし、少々アブない領域のように感じる人もいるかもしれない。
この駄文に付き合ってくれている皆にとってはもう慣れたことかもしれないが。まあ、つまりは聴いているだけで何かしらの「癒し」や「快復」や「浄化」に役立つ音源をヘヴィロックに乗せて創っているわけだ。信じてみるのも悪くない選択だと思う。自信を持って言っておこう。「Resonance of Shadows」は、効能のある作品になったと思っている。アナログ用ボーナス数曲の制作は、そこに加わるスパイスの如くの存在になればと願いつつ最終段階を迎えようとしている。

乞うご期待。

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年7月28日

TRIAD in BLACK SUMMER CONFUSION TOUR、大成功でした。
各地来場くださった皆に感謝です。気温だけじゃない熱気が毎日充満してました。
気の合う3バンドで楽しく過ごし、且つ一切ダラダラせず、それでいてリラックスした3日間。各バンドとも充実したツアーになったと思います。GREENMACHiNE, Nepenthesとはこれからもアツい関係が続くだろう。何か特別なものを各自得た気がする。

サポートバンド、SECOND TO NONEにBloodshot、いい先陣を切ってくれました。お陰でショウ全体が最初から熱かった。
その他、このツアーを裏方として支えてくれた全てのスタッフ勢、感謝しています。

そして、お客さん達の反応から創作や日常で少しすり減っていたオレはエネルギーをいただいた。ツアー後、かなり元気です。やはりライヴの現場は磁力が働き、エネルギーが発生すると実感です。
ありがとう。


さて、次なるショートツアーが控えてますよ。
告知いってみよう。

[RESONANCE in SHIKOKU]
8月5日(金)高松 Too Nice w/ITHAQUA, OLDEMADA feat. spacegrinder, Deadpudding
8月6日(土)高知 Chaotic Noise w/ITHAQUA, OLDEMADA feat SPACEGRINDER, THE HELLOINS
8月7日(日)松山 星空JETT w/ITHAQUA, RADICAL FACE, OLDEMADA feat SPACEGRINDER


高知が生んだPsychedelic Doomの雄・ITHAQUA、そして高松に長年密かに生息し続けるDoom Duo・ORDEMADA + EU帰りの一人グラインダー・SPACEGRINDER、この両雄と3日間の四国ツアーです。四国は決してヘヴィ・ロック不毛の地ではないのです。久々の巡礼なので本当に楽しみです。乞うご期待。
----------------------------------

以後のスケジュールを再掲。
9月10日(土)岐阜 山なんや
9月17日(土)名古屋 Huck Finn, 3star [DAY OF RAGE FES]
10月1日(土)札幌 DUCE
----------------------------------

さて、巷では某ゲームにハマる人が続出とのことで。
まあお好きにどうぞってな風情ですが、アレに登録することのリスクを皆承知の上なんでしょうか。規約を見るとかなりとんでもないですよね。笑ってられないのは、町中でスマホ片手に彷徨うゾンビの如くの行動は、様々な事故を誘発することに間違いない。既に起こっているでしょう。
日本の企業だから歓迎だなんて話は、とっくに外資系になっているあの会社の正体についてはスルーなんですかね。
某国では既に禁止になっているそうで、その意味もむべなるかなです。

それは既にどの世界でも進められていることであって大きな驚きではないけれど、このまま進んだ先は.... 闇でしょうな。

なんてことを書くと消されるそうですよ。オソロシヤ。
気付いている人はとっくに気付いていますが、依然としてマイノリティ。
この数年の流れは70数年前の戦争時の流れにそっくりだなんて話もありまして。

あらゆる戦争(軍事、経済、宗教、等々)は全てカネ儲けが根底にある。そう言い切っていいでしょう。
ちょっとマメに調べればそれぐらいは見えてきますよね。

ワタシはそれに加担する気はないので書きました。

総じて、自分の健康、健全な意思を大切にすることが、先に繋がるのでしょうな。
新譜はそういった意味合いも含めています。特定の周波数が人体に、自然に及ぼす影響、それを考えています。

良い波動、それを携え、ETERNAL ELYSIUMはライヴで音源で発信し続けます。

みなさん、よろしくどうぞ。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年6月6日

ワンマンでの3時間半の長丁場に付き合ってもらって感謝です。
時間の割に長く感じなかったという言葉、嬉しかったです。
あの場を共有出来たこと
が必ずプラスに働くことを信じてます。
新作に込めた音、ワンマンでの演奏、音楽の可能性を追求したつもりです。
たかが音楽されど音楽と捉え、この先も有機的な音を発信します。
よろしくです!

新作「RESONANCE OF SHADOWS」の全国発売が、6月15日(水)に迫りました。
全国の主なCDストアなどで発売されます。

ETERNAL ELYSIUM WEB SHOPや、NO-REMORSE
では既に先行発売しています。
早めに聴きたい方は是非どうぞ。

その発売に先駆け、インタビュー記事がフリーペーパー FOLLOW-UP に載っています。
現在配布中です。全国各地のライヴハウス等で手に入ります。

また、BURRN!誌にも紹介記事が出ています。現在発売中の7月号です。


さて、新作を引っさげての巡業の告知。
まずは、7月のGREENMACHiNE、NEPENTHESとの3バンドツアーです。

[TRIAD in BLACK SUMMER CONFUSION-Tour 2016]

7月16日 (土)大阪 Socore Factory
w/SECOND TO NONE
Ticket : e+, 会場

7月17日 (日)名古屋 Red Dragon
w/BLOODSHOT
Ticket : e+, 会場

7月18日 (月・祝)東京 Fever
Ticket : LAWSON[L:70592], e+, 会場

open 18:30 / start 19:00
adv 2,500 / door 3,000 (D別500)

去年から今年に新音源を発表し、精力的に動くHEAVY ROCK 3バンド合同ツアー。
大阪ではSECOND TO NONE、名古屋はBLOODSHOTがサポートに付きます。
最終日の東京は3バンドのみ。
------------------------------------------------

その後の予定。

8月5日(金)高松 Too Nice w/ITHAQUA, etc
8月6日(土)高知 Chaotic Noise w/ITHAQUA, etc
8月7日(日)松山 星空Jett w/ITHAQUA, etc
9月10日(土)岐阜 山なんや
9月17日(土)名古屋 Huck Finn, 3star [DAY OF RAGE FES]
10月1日(土)札幌 DUCE w/NO MORE PAIN, etc

------------------------------------------------

秋には新作のアナログリリース世界発売も控えています。
今年は忙しい年になっていますが、全開でやれるだけやってやろうと思ってます。

かと言って闇雲にまき散らすようなことはしません。あくまでも自然に沿う形での活動です。
矛盾を踏まえた上で我々の音楽での世の浄化を目指しています。本気ですよ。

ライヴで音源で、皆さんと共鳴出来ることを願っています。
腐敗を発酵に。音楽のチカラを信じて。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年5月4日

エターナル・イリジアム、6枚目のアルバムが完成しました。

「RESONANCE OF SHADOWS」




レゾナンス・オブ・シャドウズ ----- 御影の響き

レコ発ワンマンは今週末の名古屋、来週末の東京です。



ニューアルバム「Resonance of Shadows」先行発売 ワンマンショウ

5月7日(土)名古屋・今池 HUCK FINN

Open 19:00 / Start 19:30
Adv 2,500 / Day 2,800 (D別500)

前売予約は → HUCK FINN <hkf@huckfinn.co.jp> 052-733-8347
---------

5月14日(土)東京・新大久保 EARTHDOM

Open 19:00 / Start 19:30
Adv 2,500 / Day 2,800 (D別500)

DJ : Veppy

前売予約は → eプラス http://bit.ly/1TiBq8o
---------

*両日共にワンマン告知ポスター付き。
*チケット予約は、FBでも受け付けています。
*メールでも同じく受付中です info (at) cornucopiarecords.com ←迷惑メール対策にての表示。(at)を@に変えて送信して下さい。

---------


遂にと言うか、やっと完成に漕ぎ着けた新作のマスター音源、そしてアートワークを入稿し、続いてTシャツのデザイン&入稿、その他諸々リリースの準備。今作の国内リリースは長年お世話になったレーベルから独立して、我がCORNUCOPIA RECORDSから出すことになりました。D.I.Y.は大変だと改めて実感してます...。

これは自ら望んで選んだ行動なので何を言っても愚痴ですが。
制作から発売までに如何に多くの人の手を借りて進められるかということを実感してます。
一瞬投げ出したくもなるような悲喜劇も随時あり、正にそれは因果だと受け止め息切れしながら完成に辿り着きました。


アナログも出ます。
これはまだ先ですが、前作同様オランダHEADSPIN RECORDSから。海外は任せるしかないと。
秋頃には出るという希望的観測。

アルバム制作中に起こった様々な出来事を含めてとても得る事が大きい。文句垂れて最後は徹夜続きのドタバタ劇も、全て音源に表れている、それがもどかしくも切なくも面白いものだと感じてます。音楽とか表現ってのは丸裸です。

ワンマンはエターナル25年の活動の中で、最も長時間のパフォーマンスになります。
演目を絞り込んでも長尺上等のDoom/Stonerの端くれとしては必至のロングトリップ。

とは言え、来てくれるみんなには自由に楽しんでもらいたいと思ってます。
同じ場所に留まって爆音をカラダに浴びることが正義でも何でもないので、疲れたら外の空気を吸いに出るとか、のどの渇きを癒すとか、とにかく自由に時間を使ってもらいたい。我慢大会じゃないですから。

今決まっているプランをバラせば、2部構成で演るってこと。
ETERNAL ELYSIUMとETERNAL ELYSIUMの対バンのような。

喜怒哀楽、起承転結。
刺激と癒し。浄化と希望。

ブルースロック演奏者の末裔として感じ続けたこの世の闇と病みは、音、即ち振動を浄化や修復に共鳴させることで改善出来るのではないか、そう信じることによってオレの音楽は続きます。

この数年、特に大震災・原発事故以降、とても多くのことに気付かされ、受け止め続けた陰鬱を解消するには何らかの絶対的基準を得ることしかないのだと自覚して.... それはカネや名誉ではなく、総じて様々なことへの依存と甘えを減らしてゆくことではないかと、辿り着いた。で、自立してやれることはやってみないと説得力も無いだろうと思い立ち、今に至っている。面倒なこともただ放り出してしまえば、汚水を海に垂れ流すことと同じだろう。

絶対的基準とは「自然の摂理」以外にはない。
暴論? しかし、反論の余地はない行動を人間はとってしまったことは否めない。
この世に起こっている全てのブルースは、縮図であり、つまり自らの相似形。引き起こしたのは人間。

多くの人に、根底からの罪はないと思う。あからさまな非人道的、非自然的行為をするニンゲンに対しては罰すること、抗議することは必要だが、それが単に憂さを晴らすだけという目的でヘヴィロックを演ることは、我々にはもう出来ない。
但し、この我々の思いを他者(他パフォーマー)に強制するわけでもない。あくまでもこの項は我々に関してはそうだということ。いやオレ個人と言っておいた方がいいか。

わかったようなことを徒然と綴ってますが、依然として大きな矛盾も抱えつつやってます。
その矛盾を少しずつ減らしていく過程です。こういったある意味クサい、鬱陶しいとも思われることをテレずにやれるようになりたいもんです。簡単じゃないですな。

音は正直なものです。
この数年の思いは新作に詰め込まれました。
やっと完成したことで、遂に先の次元が見えてきました。

エターナルの音楽に共感してくれている皆に感謝です。

それに応える我らの音楽は、大きな矛盾の中で掴んだ自然の摂理との共生を図るスキル、それを振動に変えた演奏です。
それが届くこと信じて。

アルバム、そしてワンマン、共鳴しましょう。
よろしく!

拝読感謝。


岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年3月10日

告知。
5月にワンマンやります。


詳細は後日。
-------------------------------------

その前に2本!

2016年 4月6日(水) 名古屋 Huck Finn
[GRIND FREAKS #84]


w/Noothgrush (US), Nepenthes, 血みどろ, FUJIYAMA, SONIC DISORDER
17:15/17:30

¥2000

NOOTHGRUSHとNEPENTHESのJapan Tourです。ド平日ですがヘヴィにいきましょう。

-------------------------------------

2016年4月24日 (日) 四日市 VORTEX
[STORY CONTINUES VOL.4]


w/SHADY GLIMPSE, ZAY
18:30 / 19:00
\1,500 18歳以下無料


Hardcore界の実力者が結集してフロントを固めるZAY。彼らの企画です。
3バンドなのでたっぷり演らせてもらいます。
-------------------------------------

さて、アルバムはまだ完成してないのですが、徐々に前に進んでます。
今回もオランダHEADSPIN RECORDSからアナログが出ますが、また2枚組ってことになり曲が足りなくなるという事態。ということで急遽新曲を作ってます。この期に及んで...。
CDは敢えて今回はCORNUCOPIAから出します。自立の一環です。

読んでくれてる人、少しはいると思って書いてます。

クドいでしょうが、自分の身は自分で守りましょう。

今、この日本に、世界に起こっている事態は大変重い。それを作り出した勢力は決して我々を保護しない。
地球に寄生している以上完全な自立などあり得ない私達人間だが、それでも出来る限り自立して自然と共生していく意思と行動が、この五里霧中の世の中を照らす一筋の光明となる........と信じてやまない。

まだ楽しく過ごしたいじゃない?
その代償は払わないと仕方ない。それも自然の摂理。
惰眠を貪ってきた自らへの戒めとして汚れた大地を大気を浄化すべく色々動いてます。
これから生まれてくる命に申し訳ないからね。感謝。

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
     
 

2016年1月25日

謹賀新年。
しばらく沈黙しておりましたが休止していたわけではなく。

昨年8月のライヴ以降、ひたすらアルバム制作に打ち込んでいました。
9月下旬から10月中旬にリズムトラックを録音、その後アレンジ行程を経過しギターの録音開始。そのタイミングで諸般の理由で我がSTUDIO ZENの改装工事を強いられ、結局再開したのが今年に入ってから。今、ギター録ってます。

本当に一筋縄ではいかないEEの制作です。毎度の事ですが。
のんびりしてたら出す前に日本の崩壊を迎えてしまいそうです。シャレになってないか...。
春には仕上がってリリースする事になるでしょう。5.7, 5.14は予定を開けておいて下さい。
そこがレコ発ワンマン。場所は名古屋&東京です。

さて、制作中ですがライヴやります。とりあえず告知は下記2本!

[DIWPHALANX RECORDS 20th ANNIVERSARY SPECIAL 4 DAYS]

2016年 1月30日(土)東京・新宿LOFT

w/SMASH YOUR FACE, BORIS -PINK SET- , GREENMACHiNE , STUPID BABIES GO MAD, THE DEAD PAN SPEAKERS, SLIGHT SLAPPERS , イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ , NO EXCUSE , SEX VIRGIN KILLER , CROCODILE COX AND THE DISASTER, MASTERPEACE, REAL REGGAE, and more

14:00 / 15:00
¥3500 /¥4000
[発売] PIA・LAWSON・eplus・LOFT ●Pコード:284-265 / Lコード:74916

DIWPHALANX RECORDS 20周年記念4DAYS, その初日です。
EEは18:00から、Main Stageに登場します。

----------------------------

[HARD ROCK MATINEE VOL.3]
2016年 2月7日(日)名古屋・CLUB QUATTRO


w/the原爆オナニーズ, BAREBONES, NEPENTHES, Crocodile Bambie, SLIP HEAD BUTT
15:30 / 16:00
¥3000 /¥3500

[発売] e+ / PIA / LAWSON

それぞれHARD ROCKというキーワードで集まったバンドの企画です。
この日は企画自体が早く始まり、早めに終了の予定のようです。
遠くからも観に来れるようにとの配慮ですね。

EEは4番目。
18:30からの予定です。

----------------------------

約半年ぶりのライヴ。早くステージに上がりたい、そんな心境。
溜まってます。バッチリ仕上げて臨みます。乞うご期待。


さて、うちではとっくの昔にテレビを捨て、新聞も辞めました。よってオモテメディアの情報、世間での動向から或る程度切り離された状態で日々暮らし、情報は専らネットで得ています。インターネットも見る人によって得る情報は当然違うわけですが、様々な角度から検証して行けば自分なりに俯瞰して世界の動きは掌握できます。その際、オモテメディアにかかっているバイアスに惑わされずに自分の意見が形成されます。無論、その逆もまた然りで、極論が持論となる危険性も孕んでいます。

一番確かな情報は何かと言えば、五感を駆使して実体験で知る事だと思いますが、オレはそれを自然の動きから得るように努めています。そして、明らかな異常を植物の生育状態などから感じています。簡単に暖冬などと片付けられない環境の変化が見られるのです。勿論、今に始まった事ではないけれども、それにしても急激な変動が見られます。シロウトの言う事なので、あくまでもワクシの感想という事で読んでもらえればありがたいですが、ね。

久しぶりに正月某所でテレビをじっくりと見てみました。
自分が感じている脅威や変動を報道する番組は一切ありませんでした。そうだろうとは思っていたけれど、それにしても...。

現実から目を逸らすには秀逸なメディアである事には間違いなく、それでいてなぜか見てしまうという脅威をテレビ自体に感じながらもダラダラと見たけど、やっぱ別に無くても困らないものだと感じ消しました。自分にとっては、ですが。

世に見える異常。それを一つ一つ書く気にはならない。ただ一つ言えるのは、未来永劫確かなモノなど何一つ無く、当然それはカネとか地位なんてものではなく、自分自身の平静なマインドや健康維持なんだということ。健康を損ねれば楽しいことも半減し、それがまた次のバッドを引き起こす。悪循環。大病をしでかしたオレが言うんですから、この行には説得力があると思いますよ。

毒まみれの世の中を渡っていくには、かなり自分自身の免疫力を高めていかないといけないだろう、そう自問しています。
端から見れば常識外の事とか、実践してます。面白いです。40代でも人間成長するのだと実感。演奏にも好影響。持病はどこかへと消え去りました。

ピンチはチャンス。
大荒れの2016年になる予感は、同時に自分を高める機会にもなると思ってます。

ETERNAL ELYSIUM、今年は久々のアルバムリリース。
皆さんの何かの役に立てればと思ってます。

よろしくどうぞ。

岡崎幸人
ETERNAL ELYSIUM

 
     
  過去のNEWS